高野鍼灸リラクセーション

宮崎の鍼灸専門院

メニュー

高野鍼灸リラクセーション

23周年
Since 1998

神経痛 腰痛

高野鍼灸リラクセーション

肩こり 頭痛

高野鍼灸リラクセーション

自律神経失調症 など

ご相談ください

高野鍼灸リラクセーション

宮崎のエコー鍼灸専門院

高野鍼灸リラクセーション
高野鍼灸南西外観
腰部エコー鍼灸
高野鍼灸南側外観
[受付] 14:00~19:20
[休業] 月・木・祝祭日・その他

高野鍼灸リラクセーション

宮崎の鍼灸専門院





高野鍼灸リラクセーション・総合案内

当院では、超音波エコーを導入し、神経痛を含む痛み全般の施術や自律神経の調節など、専門だからこそできる独自の鍼灸施術を行っています。鍼灸院は初めてという方、針が恐い方、慣れていて更に根を切るような施術を望まれる方など、お気軽にご相談ください。
623 views

「間欠性跛行」医学論文により歩行改善が明らかになった医学的根拠のある鍼灸治療

腰部脊柱管狭窄症に伴う歩行障害についての、エビデンス(EBM:医学的根拠)のある論文(画期的論文)を解析し、高野鍼灸リラクセーションにおける間欠性跛行に対する鍼灸治療の方法を再構築しました。その詳細を掲載しましたので、ぜひご一読ください。
4668 views

助成金・保険

鍼灸治療には、宮崎市役所や宮崎県後期高齢者医療制度の助成金が利用できます。助成を受ける方法など詳しく記載しました。また通常の健康保険による鍼灸は現在休止していますが、その休止理由なども詳しく掲載しました。
4620 views

症状が軽くなるまでの道のり

鍼灸を受けて早く楽になりたいと思っていても「針を体に刺すのだから痛くないはずはない」と思うので、なかなか踏み切れないものです。実際に受けていただき、たいして痛くないことを確かめてもらうのが一番なのですが、まずは文章で刺痛について知りましょう。その上で鍼灸を受けることでの回復までの道筋をご確認ください。
4118 views

背中の痛み・肩甲骨内側の痛み・コリに対して、安全に鍼を打つには? スペアリブ刺鍼の実際

背中の頑固なこりは、背中の痛みはもちろんのこと、胸にまで痛みや違和感を生じさせることも多くあります。胸の違和感では心臓が悪いのではないかと勘違いするほどの不安感を抱くことも少なくなく病院を受診し検査してもらうことも大変に多いようです。そして、異常なしとの医師の診断を受け「なぜだ?」と悩むケースも非常に多いのです。その「なぜ」に答える施術方法を詳しく掲載しました。
3959 views

スマホなどによる眼精疲労などの目の鍼灸

スマホは現代生活に欠かせない便利なツールですが、実際のところ不必要にスマホのを覗き込む時間が長くなることも多いことから、スマホ性眼精疲労や近視の急速な悪化、それに老眼の進行スピードの加速などなどの弊害も多く見られるようになりました。そこで、目の鍼灸治療でよく使用する風池(ふうち)というツボについての施術方法を紹介し、皆様の目の健康に役立てていただこうと思い詳しく解説させていただきました。ぜひとも目を労っていただければ幸いです。
2468 views

「日常生活」を「改善」しなければ、治療が「水の泡」になるほどの大切なお話し

症状に合わせた鍼灸施術と日常生活は、症状の緩和に必要なセットメニューです。この記事はかなり重要な記事です。これを知らずに治療しても回復は思うように進まないかもしれません。それほどの必読の知識です。※「無理しないで」とよく聞く抽象的な言葉についても詳しく解説しました。無理とはどう言うことを指すのか? 是非ご理解ください。
2413 views

院長挨拶

平成10年に開業。平成11年から平成26年まで社団法人宮崎県鍼灸マッサージ師会において健康保険の請求書などを監査する審査委員や、法律関係の常務理事、副会長などさまざまな役職を歴任。また、宮崎県知事の嘱託により宮崎県立明星視覚支援学校の評議員も務めた。現在は、CAメディスン株式会社の代表取締役社長の職責を担っている。
1704 views

慢性とは?

慢性という言葉はよく耳にする言葉だと思いますが、では、その意味はどうかと言うと、意外と漫然としているのではないかとも思います。そこで慢性とは具体的にどういうことを指すのか具体的に記述しました。慢性の意味を知ることも症状の緩和に役立つこともありますので、ぜひご一読いただければと思います。
1564 views

高野鍼灸リラクセーションは、
鍼灸専門院です。

平成10年に「宮崎」にて開業。一貫して「鍼灸」での施術にこだわってきました。

鍼を打ち続け、灸もすえ続け、 22年目に入りました。

鍼灸専門として、難治性の疾患にも挑み続け現在の技術水準を獲得。

これからも、たゆまぬ努力を続け、さらなる技術の向上に努めることこそが、難治性の症状に苦しむ方々への責務だと考えています。