本文へスキップ

宮崎 鍼灸

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0985-48-3102

〒880-0952 宮崎県宮崎市大塚台東2-11-13

脊柱管狭窄症

モバイル版


  ★ 下記の各項目を「クリック」又は「タップ」して下さい。
 

脊柱管狭窄症とは 

  • 脊柱管狭窄症とは、先天性あるいは後天性の原因によって、脊柱管(背骨の中を通る管で中には脊髄がある)の前後幅や横幅が減少して狭くなり、脊柱管内の脊髄や神経が圧迫されて痛みやしびれ等の症状が出る疾患です。

    腰部では、第3腰椎以下の脊柱管内には脊髄が無いため、馬尾神経という神経のみが圧迫されます。

    脊柱管の狭窄は先天性のほかに、変形性脊椎症による椎体辺縁の骨棘(骨にできるとげ)の形成、椎間板変性による膨隆、後縦靭帯や黄色靭帯の骨化・肥厚、脊椎分離・すべりなど、脊柱管を狭めるような周囲の後天的な病変によって起こるものです。

    40〜60代に多い疾患です。

    馬尾神経の圧迫によって、間欠性跛行(かんけつせいはこう)が出現することもあります。


    ※間欠性跛行とは・・・一定の歩行距離によって痛みやしびれ、脱力などが出現し、歩行が不可能になり、休息によって再び歩行が可能になるものをいいます。間欠性跛行には、馬尾神経性、脊髄性、動脈性があります。




脊柱管狭窄症が、なぜ鍼灸治療で改善されるのか 


それは、鍼灸治療により、

脊柱管が狭窄している脊柱周辺の、

筋肉の過緊張を緩和させることで

末梢神経への圧迫を取り去る事が可能だからです。

また、

筋肉の過緊張が緩和されるという事は、

脊柱へかかる負担も緩和されるわけですから、

その中心付近にある脊柱管へかかる圧力も低下します。

これらによりが症状が緩和されると考えられます。

ということは、

脊柱管狭窄症の進行をも防げる可能性がある

という事です。

 もっと読む


はじめに


ここでは脊柱管狭窄症に対する鍼灸治療の効果に関する院長見解
を述べさせていただいております。
また、脊柱管狭窄症に対する鍼灸治療の技術説明は割愛させていただきます。

なぜなら、

脊柱管狭窄症の鍼灸治療は、
非常に
超高度なテクニックを必要としますので、
実際の鍼の操作をこのホームページで
明らかにすることはできません。

過去のホームページでは少し公開していたのですが、この超高度な鍼灸テクニックを十分に理解せずに見よう見まねで実行して病状が悪化した方などが現れたために、公開を中止いたしました。


それでは、なぜ、脊柱管狭窄症の症状が改善するのか!
(高野論)
その理由をご一読ください。


脊柱管狭窄症に対する鍼灸治療では、特に痛みに対しての効果が期待でき、日常生活が普通に送れるようになるためのバックアップをさせていただきます。


鍼灸で脊柱管内部にかかる力を分散させる!!

脊柱管狭窄症では、しびれや痛みのために体に常に力が入り無理がかかっているために脊柱管狭窄の症状とは別な腰痛、神経痛も起こっていることが考えられます。

分解すると以下のように大別できます。

@脊柱管狭窄症によるしびれや脱力感
A脊柱管狭窄症の苦痛(反射的に筋肉が硬く緊張する)に耐えることで起こる更なる筋緊張・硬化から出る痛みしびれ

通常@Aは同じものとして捉えますが、当院では分けて考えます。
※通常の教えではAは無視されていることが多いです。

なぜこのように分けられるのかと申し上げれば、それは私どもの鍼灸治療の経験上、脊柱管の狭窄はそのままなのに、痛みはある程度とれて日常生活が普通に送れるようになったという方が多数おられたからです。また、脱力感も痛みが楽になり動きやすくなるのと同時に再び筋力も上昇するために改善されるようです。

このようなことから、医学的な根拠はありませんが、私見として、しびれや脱力感は脊柱管の狭窄によりますが、痛みは(もちろん脊柱管狭窄に伴うものもありますが)どちらかというと脊柱管狭窄症の苦痛に耐えることを原因とした筋緊張から起こる痛みと筋緊張による神経の締め付け(神経絞扼)による神経痛のほうがむしろ強いのではないかと感じております。

脊柱管狭窄症自体つらい疾患ですが、特に痛みの場合、脊柱管狭窄症の随伴症状としての痛みがある場合はもっともっとつらくなり、これが生活の質(QOL)をかなり低下させる一因となるのではないかという仮説に基づいて、Aの症状に対する鍼灸治療を丁寧に行います。

具体的には、まず、

脊柱管狭窄周辺の、
硬く凝り固まった筋肉に『直接、鍼を打って』
硬くなった筋肉をほぐします


そうすることで、
脊柱管にかかる無理な力を
筋肉や椎間板が吸収
してくれるようになります。

ただし、脊柱管が狭窄している場合は、椎間板も同時に弱っている可能性も高いのですが脊柱周囲の筋肉が健康になれば、椎間板にかかる負担も軽くなり椎間板も回復して行きます。

このように脊柱管内部ににかかる無理な力を筋肉に分散させるための治療を行う事で、椎間板も同時に元気にさせるという一石二鳥的な治療効果を得ることもできます。

また、脊柱管の内部にかかる圧力が低下するという事は、すなわち、内部から脊柱を支えると同時に脊髄や馬尾神経への損傷を防ぐ最後の砦ともいえる「後縦靭帯」や「黄色靭帯」にかかる圧力が低下するわけですから、狭窄の直接の原因ともいえる靭帯のさらなる肥厚を防ぐことが可能になります。つまり、イコール脊柱管狭窄症の悪化を予防ができると推定できるのです。

ここまで考えると、実は一石三鳥なのかもしれません。


鍼灸で脊柱管から出る末梢神経への圧力を
分散させる!!


前項では、脊柱周辺の筋肉をほぐすことで脊柱管内部にかかる圧力を低下させるための方法論を述べましたが、

その治療を行うという事は、脊柱管にある
脊髄や馬尾神経から手足に伸びる末梢神経への圧迫も同時に解除させることになります。

脊柱管狭窄症による痛みしびれと思っていたものが、実は「脊柱管狭窄症によらない」末梢神経への圧力(神経絞扼障害)による痛みしびれであることも大変に多いようなのです。

末梢神経の出口付近の深部むくみや、手足に到達するまでの間にある末梢神経を圧迫する各難所を徹底的に緩和させることで、神経にかかる障害を取り去ることができ、結果痛みが緩和されます。


まとめ

脊柱管狭窄症の鍼灸治療では、「脊柱管内部の圧力分散」と「脊柱の外部の末梢神経にかかる圧力の分散」を促進させる必要があります。

そのためには、鍼灸治療によりなんといってもAの症状の改善が最優先的に必要不可欠な重要事項となります。

なぜならば、筋肉の状態が健康で柔軟性に豊み、血行も良好になれば、脊柱管内部にある「各靭帯」や、椎骨と椎骨の間にある「椎間板とその内部の髄核」にかかる圧力を筋肉も受け止めてくれるようになるからです。

だからと言って筋肉をつけようとして鍛えることは絶対に避けてください。

脊柱管狭窄症があるということは、動き過ぎが原因で脊柱周囲の筋肉を弱め、更には衝撃吸収ボディーとしての椎間板も弱らせ、結果として最後の砦である脊柱管内部の靭帯に無理をかけ続けたために起こっているのですから、今後の筋トレは火に油を注ぐばかりか、ますますの悪化につながってしまう可能性が非常に高まります。

また、痛みのあるようなときに筋トレを行ったとしても、はっきり申し上げて筋肉は付きません。日常生活もままならないのにトレーニングを行うことは本末転倒とも考えられます。

まずは、日常生活が普通に行えるようになることを優先すべきではないかと思います。

この点に関しまして、一般的には「そんなはずはない」と思われるかもしれませんが、これはまぎれもない事実です。

筋力は痛みが取れてくるに従い自然と付いてきます。それは地球には重力があるからです。

言い換えれば、健康を取り戻すにつれて地球の重力という「おもり」に対抗できるようになりますので自然と筋力もアップするのです。地球の重力がいかに筋肉に影響しているのか?それは、地球に帰還したばかりの宇宙飛行士が地上で歩くのもままならない姿を見れば明らかです。

鍼灸治療による軽い組織への破壊(軽い傷)は、危険からの逃避反射を誘発します。逃避反射により自律神経の副交感神経刺激が起こり、筋肉などの末梢組織の血液循環の促進などが誘導され筋肉の緊張が緩みます。

副交感神経の刺激は、要するに交感神経緊張を緩和させます。ちなみに交感神経緊張症状(腰痛、肩こり、食欲不振、高血圧、痔、頭痛、冷え症など)こそが一般にいう「ストレス」状態ですから、この鍼灸治療は副交感神経を刺激するためにこれらストレスやストレスからくる様々な症状を緩和させるということにもなるのです。

このようにして誘発された副交感神経反射は、順次免疫反応にも影響を与えることになるのです。

鍼灸治療によりある程度楽になったとしても、放っておくと再び症状が出始めることも十分に考えられます。また、無理を続けると、脊柱周囲の筋肉も、椎間板の線維輪も髄核も、そして、脊柱管内にかかる圧力も一向によくなりませんので安静が必要です。

お仕事などで日常的に患部に無理がかかっているような場合は、どうしても、患部に力がかかりますので、こまめな鍼灸治療を行い患部の筋肉の循環不良を抑制し、痛みがない状態を維持させることが結果的に筋肉の柔軟性や筋力を維持向上させることになります。

「患部にかかる力をまずは筋肉に受け止めさせることで脊柱管の内圧を減少させ、後縦靭帯や黄色靭帯への負荷を防ぐこと」が非常に重要となります。

★痛みの改善は、大いに期待できます。

★間欠性跛行も、かなり改善します。
血流が改善し神経への締め付けを減弱させるためなのかどうかの具体的な根拠はありませんが、根気強く治療に取り組むうちに、とにかく症状は改善します。ただし、手術が必要なほど症状が進んでいる場合は改善は難しいかもしれません。

★脱力感は、痛みが楽になり動きやすくなるのに伴い筋力が再び上昇するためか楽になるようです。

★しびれは、楽になることが多いのですが、変化のない場合もございます。

※脊柱管狭窄による脊髄圧迫や、末梢神経への長期的神経絞扼(圧迫)が続いているような場合は、しびれ、麻痺、脱力感などの症状は後遺症として残ります。


鍼灸治療の頻度について
1)病気の時
基本的には、患者様のストレスにならない範囲での通院頻度で構いませんが、

もし、よろしければ、症状の続く間は、できるだけ毎日行った方が回復は早まります。

県外から通院される方であれば、宮崎市内に宿泊して「一泊二日」や「二泊三日」の集中治療をすることも例として挙げられます。また、1日2回治療を受けられるのも良いでしょう。

回復の状態が良好であれば治療日の間隔を徐々に広げていきます。黙々と鍼灸治療を積み重ねるという方法しか痛み緩和の方法はありませんので何卒ご理解ください。ただし、治療後に痛みが返って激しくなることがあります。これは実際につらいのですが、それも治療の経過ですので心配はありません。しかし、不安な方には次回の治療時に鍼灸刺激の量を減らすなどして調整をします。不安でなければ、同じ刺激量での治療を続行します。

1)治ったあと
痛みが取れた後は、「4日〜14日に1回程度の定期的な治療」をおすすめ致します。

しかし、定期的な治療をするのかどうかはご本人様のご都合に沿って、ストレスのかからない範囲内で取り組んでいただければと存じます。


日常生活における注意点

脊柱管狭窄症では、痛みやしびれ、脱力感のために運動が難しい状態になることがありますが、少しでも運動しないとますます筋力などが衰えると思いこみ、無理をされる方が大変に多く見られます。だからといって無理をすると、痛みがぶり返し、ずるずるといつまでも痛みが続き、ますます筋肉が衰えてしまいます。鍛えるつもりが逆に弱めてしまうのです。運動は確かに大事ですが、病的な痛みの場合、運動を控えたほうが無難といえます。病的な痛みがある時の運動は、胃腸が悪い時にステーキを食べるのと同じようなことになるのです。鍼灸治療と安静(日常生活上の動きは当然OKですが、鍛えるための運動は×です)が、結果として筋肉を含めた体力全体の早期回復の秘訣となるのです。


間欠性跛行(かんけつせいはこう)について

@馬尾神経性・間欠性跛行は、馬尾神経の圧迫によるものであり、一定の距離の歩行によって徐々に両下肢の脱力やしびれが起こって、足が前に進みにくくなり、歩行の続行が不可能になるが、しばらくしゃがんで腰を曲げていると楽になり、再び歩行が可能になるものである。時には痛みを伴うしびれのほか、冷感、灼熱感などの異常感覚、運動・知覚障害がみられ、ときには排尿障害を伴う。下肢への放散痛を伴う脊柱の後屈制限が見られることが多い。

A脊髄性・間欠性跛行は、同様に、脊柱管の狭窄による脊髄の圧迫によって跛行をきたすものである。

B動脈性・間欠性跛行は脊柱管や椎間孔での神経の圧迫によるものではなく、一側あるいは両側下肢の動脈硬化によって血管の狭小をきたし、筋血流が減少することにより起こってくるものである。馬尾神経性や脊髄性間欠性跛行では、疼痛も強いが脱力やしびれが主体であるのに対し、動脈性のものは、痛みが主体である。

@やAの症状の原因は、腰椎部脊柱管にあるので、脊柱管が広くなる前屈位では症状が消退し、また、前屈位の運動(自転車に乗ってペダルを踏むなど)では症状が発現しない(注:しかし、@Aであっても慢性化したものでは腰臀部〜下肢にかけて筋緊張が強くなり筋血流量の低下した状態の場合、前屈位でも痛みの出現は見られる。)が、Bでは、症状の原因が筋血流にあるので姿勢に無関係であり、また、@Aでは運動・知覚障害を伴うがみられるがBではみられない。また、後者においては下肢の血流障害であるので、足背動脈などの拍動が欠如あるいは減弱する。Bでは血行障害が高度になると壊死を起こすことがある。

@では弛緩性麻痺を起こすことがあるがBでは起こらない。Aで起こる麻痺は痙性麻痺である。


用語説明

椎体:頚椎、胸椎、腰椎それぞれの骨の事です。
骨棘:「こつきょく」とは、骨にできる「とげ」の事です。
痙性麻痺:脳や脊髄などの中枢神経が損傷した場合に生じる運動障害。筋肉の緊張度が強まって、つっぱった硬い感じの麻痺が生じます。




どんな人が高野鍼灸の脊柱管狭窄症治療に向いている? 


★ 痛み緩和の最終手段としての鍼灸治療を、ぜひ、お試しください。


@ 日本人の約90%以上が採用する治療方法や民間療法「手術、注射、痛み止め薬、電気治療、けん引、運動、ストレッチ、テーピング、コルセット、温泉、マッサージ、整体、カイロ、等々」で、脊柱管狭窄症の痛みが改善せずに苦しんでおられる方。

A 医療機関において「手術」を進められているがご本人の何らかの都合により、受けられない方。

B 手術をしたが、慢性的な痛みが残り、苦しんでおられる方。

C もちろん最近脊柱管狭窄症になったという方でも治療はできます。


当院の脊柱管狭窄症による痛み緩和の最終手段としての鍼灸治療では、
一般的な脊柱管狭窄症治療や、巷にあふれかえる民間運動方法などによる痛み緩和などの、いわゆる常識的な概念による治療で治らなかった方に対して、「非常識」とのレッテルを貼られるかもしない独自の概念により治療致します。

ほとんどの方は通常の常識的な考え方による治療で良くなるのかもしれませんが、
それらで良くならなかった方の場合は、普通でないものの考え方を当てはめて治療をしなければもはや健康は取り戻せません。


 治療の流れ 



  1. 初診時の問診票記入

    初診の患者様は、問診票へご記入をお願いします。
  2. 問診

    現在の症状などを、詳しくお伺いします。
  3. 検査

    鍼灸治療に必要な徒手検査を行います。
  4. 治療

    問診・徒手検査に基づいて鍼灸治療を行います。
  5. 治療後の説明

    鍼灸治療後の過ごし方やその他注意点の説明等を行います。       
  6.  

    当院の独自資料
     お渡し

    院長執筆「脊柱管狭窄症の詳しい病態」及び「生活指導書(院長声明)」を手渡し致します。
  7.  

    資料に沿った
    規則正しい生活

    症状回復には規則正しい生活が絶対条件となります。



脊柱管狭窄症を治すための3点セット
@ 鍼灸治療(超高度鍼灸テクニック)
A なぜ脊柱管狭窄症になるのかの「真実の理解」
B 院長声明に記載している生活上の注意点を守ること
※ A・Bは、院長執筆の独自資料です。

 ※ 院長執筆・独自資料は、治療終了後、受付にて直接「手渡し」させていただきます 

※ Bの院長声明文は、ネット上に公開する事など絶対にあり得ない
 「研究に研究を重ねて完成した重要資料」です








このホームページは院長の手作りです

従いまして、お見苦しい点や、読みにくい所などが多数あるのではないかと存じます。それら問題点等は直ぐに修正したいと思っていますので、ご指導頂けますと非常に助かります。

何卒、よろしくお願い申し上げます。


高野鍼灸リラクセーションの口コミをもっと見る *治療効果には個人差があります


院長 Facebook




●鍼灸はなぜ効くのか?

●目次

●Q&A

Q&A
メイン・ページ



超高度・テクニックシリーズ

完全無痛「GC療法」

大塚台薬店(鎮痛薬専門)

●主要地点からの経路(近い順)



当院までの「ナビ」設定

電話番号で設定する場合
0985-48-3102
と入力してください。

※古いカーナビの場合は、
旧住所に案内される可能性がありますので、その場合は、

当院の斜め前の
パン屋さん「パナリー」さん
の電話番号
0985-47-1611
を入力されるとスムーズです。



バス停(西高入口)

 西高入口 → 高野鍼灸 道順



ご自宅から当院までのルート検索
経路経路経路経路経路



高野鍼灸リラクセーション
大塚台薬店